HOME>オススメ情報>授乳ケープの選び方とあると嬉しい機能について紹介

授乳ケープのおすすめの選び方

授乳ケープは、形状と生地に注目して選ぶと失敗が少なくなるでしょう。自分に合った授乳ケープを探すためにも、ぜひ参考にしてください。

授乳ケープに必要な機能

  • 赤ちゃんの顔を見ながら授乳したい人は、エプロン型がおすすめです。
  • エプロン型の授乳ケープは、首紐の長さを調節できるものを選びましょう。
  • ポンチョ型は360度包み込んでくれるので、外から見られずに済みます。
  • 折りたたむとコンパクトに収納できる授乳ケープは、持ち運びしやすいです。
  • 襟ぐりの広いタイプの授乳ケープは、赤ちゃんの様子をチェックしやすいのでおすすめです。
  • 見た目を気にする人は、ストール型の授乳ケープを選びましょう。
  • ストール型ならマフラーやひざ掛けとしても活用できます。
  • 綿素材の授乳ケープなら、赤ちゃんの肌にもやさしいです。
  • 春夏に使用するのなら、UVカット加工されている授乳ケープを選びましょう。
  • 秋冬に使用するのなら、厚手の生地のものが暖かいのでおすすめです。

視線を気にせずミルクを与えられる

お宮参り

外出先で赤ちゃんにミルクを与えたくても授乳用のスペースがなくて、どうしたらいいのかと困っている親御さんを助けるために作られたのが授乳ケープです。大きな生地で胸元を隠しながら赤ちゃんにミルクを与えられて、周囲の視線が気にならないという理由で、授乳ケープは古くから多くの親御さんが活用しています。胸元を周囲に見せずに済むだけでなく、赤ちゃんの気持ちを落ち着かせる効果が期待できるのも、授乳ケープが使われている理由の一つです。自宅の中ではなく外出先などの見慣れない場所だと、赤ちゃんの気持ちが落ち着かなくて母乳を飲んでくれないことも珍しくありません。赤ちゃんを大きな生地で包みながらミルクを与えることで、赤ちゃんもリラックスできてミルクを飲む勢いが増します。

冷たい風から身体を守る

眠る赤ちゃん

冬場に外出している最中にミルクを赤ちゃんに与えることになり、寒さに震えながらミルクを飲ませた経験がある親御さんに授乳ケープは最適です。授乳ケープの大きな生地で上半身を包みながらミルクを与えることで、冷たい風が身体に当たりにくくなって温かみを感じられます。

広告募集中